本文へ移動

工法

工法

当社が今迄に施工した工法をご紹介いたします。

在来工法

この工法は、それぞれの接合部にオス、メスを造り、はめ込んでいくやり方です。柱に筋交い、火打ち等をはめ込み、金物で補強して、家の強度を保たせます。

これだけで、現在の耐震基準はクリア出来ます。
コストを最もおさえたやり方です。

在来工法+耐震壁

この工法は、現在の耐震基準をクリアした在来工法に加えて、更に家の強度を増すやり方です。現在では主流となっている大建工業のダイライトやニチハのアンシンを耐力壁として、外廻りに打ちつけていきます。

この工法の場合、それぞれの接合部にかかる比重が大きく変わるので、金物の場合においても、より大きく、かつ丈夫な物が必然となります。

当社では最も多く施工した工法です。
細かい所の当社のこだわりはトップページからご覧下さい。

在来工法+耐震壁+免震装置

この工法は、耐震構造に免震装置を付けたやり方です。

耐震は、揺れに耐えるもので、実際の大地震の時はかなりの揺れがあります。
免震は、その揺れを軽減しようと考えられたものです。

当社のお勧めは、ダンパー付の金物を使用するやり方です。

この免震装置は、他の免震装置に比べてコストパフォーマンスが
優れています。

ピン接合工法

この工法は、接合部を、金物とピンで接合するやり方です。接合部を削らないので、木材の断面積を減らさずに出来ます。
一般的には、集成材といわれる乾燥に強い材料を使います。

 

剛床工法

この工法は、上記の全ての工法に適用するものです。
水平剛性を取る為に、1.2Fの床に24ミリ厚の構造用合板を全面に貼る事をいいます。
この合板はオス、メスが付いており、はめ込んで施工します。非常に丈夫になります。

鉄骨造

鉄骨造はラーメン構造といわれ、梁や柱の接合部を頑丈に溶接して、構造を一体化したやり方です。
この構造は非常に強い構造の一つです。

木造では難しい場合、広い空間がとりたい場合に、当社でもこの工法を使います。鉄骨造でも、構造体だけ鉄骨にして下地を木で組むやり方もあります。

木造だけでなく、鉄骨造も施工しています。
お気軽にご相談下さい。

株式会社酒部材木
愛知県岡崎市若宮町1丁目1番地
TEL.0564-24-0183
FAX.0564-24-0184


1.注文住宅の販売
2.
住宅・店舗の改装、リフォーム
3.材木の小売販売

愛知県知事許可般-19第23828号
0
0
0
2
5
2
TOPへ戻る