本文へ移動

こだわり

序文

当社は、見えない部分だからこそ、丁寧に造る事を大事にして施工しています。
ここでは、家を造るのに色々な見えない部分の大事さを、ご紹介したいと思います。

打ち合わせの重要性

家を造るには、建築用語で収まりと言う言葉があります。収まりとは、簡単に言うと綺麗な仕上げにする事です。仕上げる前の下地の組み方で仕上がりが大きく変わってきます。
しかし、建築の専門でないお施主様は、出来上がっている物が正しく見えると思います。比べる物がない事が建築の難しい所なのです。
実際、家を新築、改装する場合は、必ず数箇所難しい収まりの所があります。それを、どうやって綺麗に収めるかを、入念に打ち合わせする事が大事なのです。
この打ち合わせこそが、お施主様には見えない部分のこだわりとしています。

正しい施工

例:耐震壁の釘の打ち方

見えない部分のひと手間

窓枠の固定

出来る限り、釘、ビスを見せない施工

例 1

数年後の違い

上の項目は一部ですが、このひと手間が数年後に違いが出ると考えています。

株式会社酒部材木
愛知県岡崎市若宮町1丁目1番地
TEL.0564-24-0183
FAX.0564-24-0184


1.注文住宅の販売
2.
住宅・店舗の改装、リフォーム
3.材木の小売販売

愛知県知事許可般-19第23828号
0
0
1
3
8
3
TOPへ戻る